賃貸不動産を選ぶ

不動産を選ぶ時は慎重に

トップ / 不動産を選ぶ時は慎重に

不動産契約解除の情報

不動産の契約について

賃貸物件のアパートやマンションなどを借りる時や、売買物件の一戸建てやマンションなどを購入するときには、不動産会社に自分の希望にあったような家などを紹介してもらうようになるわけですが、一生にそう何度もある事ではありませんので慎重に行いたいものです。まずは、いくつかの物件を見た後に希望の物件があれば、その後で不動産会社などで契約を行うようになるのですが、自身の収入を証明できる書類などや連帯保証人が必要になるケースもあります。必要な書類が揃ったら宅地建物取引主任者の方から物件などについて重要事項の説明と交付を受け、その後で契約書に記入と捺印を行うようになります。

運用

賃貸契約と不動産の常識

不動産の契約においての常識ですが、まず、借りる部屋を案内してもらう物件は、宅建業法の決まりがあり、業界特有のインターネットサイトに物件を掲載しているので、どこの会社でも基本的にはどの物件でも案内し契約することができます。ただ例外として、自社で保有しているマンション・古家などは、サイトに登録せずに自社のみで案内しているケースもあります。そういった物件の場合、不動産仲介手数料無料として、広告を出したり、また賃貸借を結ぶ前の審査でも、審査会社に対し融通が利き大手会社の審査に比べ審査を通しやすく借りやすい様になっております。

© 不動産をクーリングオフ. All rights reserved.