変更できるマンション

マンションを老後の住処に

トップ / マンションを老後の住処に

不動産契約解除の情報

子供部屋つきマンションの選び方

子供部屋のあるマンションを探している家庭も多いでしょう。しかし、ずっと同じ物件に住むつもりなら、不要となる期間の方が長くなることを忘れてはなりません。子供は成長すれば、遠くの大学へ進学したり県外へ就職を望むことも考えられます。そうなると残りの何十年、子供部屋だった場所はいつのまにか物置へと変貌してしまうでしょう。物件を選ぶ際は、いつまでそこに住むつもりかも考えて間取りを見るべきです。長く住む予定なら、このような将来の可能性にも対応できるマンションを探すことをおすすめします。

20年がリフォームの目安です

新築で購入した一戸建て住宅も、20年を経過すると様々なリフォームが必要になります。20年もすると、内装や外装も傷んでいる箇所も増え、そのリフォームが必要となります。外装では、外壁の塗り替え、内装では水周りの施設の入れ替えなどが多いものです。また、20年もすると家族構成にも変化が生じ、それに合わせて間取りの変更をされる方も居られます。快適な住環境を維持するためには、一戸建てでも自分で修繕費を積み立て、適時メンテをできるように準備するのが寛容ですネ。

© 不動産をクーリングオフ. All rights reserved.