不動産の経営リスク

不動産賃貸を経営するには

トップ / 不動産賃貸を経営するには

不動産契約解除の情報

不動産経営のリスクと対策

不動産経営は、黙っていても毎月家賃が入ってくる、”あこがれの不労所得”、と同時にお金持ちだけのものというイメージもありますが、そうではありません。物件を買うときにはまとまったお金が必要ですが、借入金で買って、家賃を返済に充てていけば手元のお金を使わずに資産形成をして、将来は安定した家賃収入を得ることができます。その最大のリスクは空室リスクで、家賃収入が途絶えても、維持費や返済は待ってくれません。対策として、不動産会社に一括で貸して、入居者の有無にかかわらず家賃を受け取るサブリースという方法もあります。空室リスクがない分、一般のお客さんに貸すより家賃は割安になりますが、ローンの返済中は、収入が保証されるサブリースの利用を検討してもいいでしょう。

運用

賃貸の物件の経営について

自己の所有する不動産を賃貸に出して収益を上げることが賃貸経営です。物件を取得する方法は幾つかあります。初めから収益物件を土地から探して建物を建てれる人は限られています。物件の収益を狙うなら最初は中古を見ることが最良です。物件と言えども収益をあげるのは企業の経営と一緒です。必ず細かい収支に対しては目を光らす必要があります。中古不動産を購入し実績を上げ銀行から沢山の融資を得られるようになれば一気に大型物件投資をし毎月の賃貸収益を大きなものにしていきます。そのためには沢山の物件を見る必要があります。専業で大家を目指すなら沢山の勉強が必要です。

© 不動産をクーリングオフ. All rights reserved.