不動産と契約解除

不動産をクーリングオフ

トップ

不動産契約解除の情報

新着情報

クーリングオフは不動産にも適用

不動産売買契約では、訪問販売や電話勧誘販売と同様に、クーリングオフが可能な場合があります。宅地建物の受け渡し前あるいは、代金の支払いを完了していないこと、また業者が書面で買主に告げた日を含めて、8日以内であることが適用の条件です。しかし不動産会社の事務所やモデルルームで契約した場合や、土地に定着していないテント張りの案内所などで契約した場合、また買主が自ら申し出て自宅や勤務先で契約した場合は、適用外となります。クーリングオフで解約をする場合、売買代金も何百万何千万と高額になるため、後々のトラブルを避けるためにも内容証明郵便で通知するのが確実な方法です。条件により、いつでも解約が可能になるわけではないので、注意が必要です。

運用

不動産売買のクーリングオフ

契約から一定の期間以内であれば消費者から契約を解除することができるのがクーリングオフ制度ですが、すべての契約に対して適用されるわけではなく、不動産売買の場合にはいくつかの条件が設定されています。その条件とは、売主が宅地建物取引業者であり、会社内やモデルルームなどの事務所とされる場所以外で契約しており、業者から法律で定める書面を受け取ってから8日以内で、まだ物件の引渡しを受けていないことです。ただし、不動産売買のクーリングオフができない場合でも、手付金を放棄すれば解約できると契約書に定めている場合がほとんどです。

© 不動産をクーリングオフ. All rights reserved.